型枠工事

型枠大工とは、建築現場でコンパネと呼ばれるコンクリートパネルを精巧に加工し、コンクリートを流し込むための型をつくる作業技術者のことを言います。

型枠工事は、ビルやマンションの頑丈な基礎を造るために必要な、重要な作業です。
当社では創業以来、型枠工事・型枠解体を専門とし、京都府を中心に滋賀県や大阪府などの関西一円で、数多くの工事に携わっております。

伝統的なノウハウと最新の技術を駆使して、安心・安全な型枠工事を提供いたします。

 

型枠工事の流れ

Step.1 加工図作成~型枠の加工

まずは建物の図面をもとに、型枠を組み立てる為の加工図を作成。
加工図の寸法に合わせて、合板や角材を切り出し、釘で打って型枠へと加工していきます。

Step.2 墨だし

専用の測量器具を使用し、水平・垂直かを確かめながら、型枠を建てる場所に墨で印をつけていきます。

Step.3 型枠の建て込み

墨だしの印にそって、加工しておいた型枠を組み立てていきます。
この工程は建物全体の精度や強度に影響するため、水平、垂直、レベルを常に確認しながら正確に行います。

Step.4 スラブ(天井・床)張り

各部屋ごとに支えを組み、その上にスラブ張りを行います。
スラブ上には、鉄筋・コンクリートなど、かなりの重量がかかるため、それを支える型枠・支保工には正確な計算と配置が求められます。

Step.5 コンクリート打設

完成した型枠にコンクリートを流し込む作業です。
流動性のあるコンクリートを流し込むため、型枠にはかなりの側圧がかかります。
そのため、打設中は常に型枠の点検を行いながら進めていかなければいけません。

Step.6 型枠解体

型枠に流し込んだコンクリートが固まったら、次は型枠を取り外します。
この作業が完了すると、仕上げ工事がはじまります。
型枠解体について詳しくはこちらから≫

一覧ページに戻る